デリヘル業者のホームページで公開されているプロフィール

デリヘル業者のホームページで公開されているプロフィール



デリヘル業者のホームページで公開されているプロフィールブログ:20 1 2014


1週間位前、嫁とむすめを連れて
おいらは上野へ行った。

昼間、嫁は用事があるため、
おいらはむすめといろんなところに遊びに行った。

お散歩に行ったあと、
おいら自身がどうしても行きたかった展覧会に
むすめを連れて行く事にした。

それは、画家のモディリアーニと嫁ジャンヌの悲劇を
二人が描いた絵とともに紹介する展覧会だった。

モディリアーニはようやく絵が認められはじめた時に、
若くして病に倒れ、帰らぬ人となってしまうが、
嫁のジャンヌはそのふつか後に自ら命を投げ出してしまう…

そのジャンヌが、亡くなる直前に描いた、悲しいまでの数枚の絵。

この展覧会の話を知った時、
なぜかおいらはジャンヌの最後の絵が
どうしても見たくなり、迷ったあげく、
この日足を運ぶことになったのだ。

むすめは幸いなことに、会場に入っても、
ごにょごにょ囁いてくるだけで、静かにしていてくれた。

おいらは足早に、二人の生い立ち、
出会いから順に並べられた絵と解説を見て回り、
ついに、そのジャンヌが描いた最後の絵までたどり着いた。

しかし、よく見る間もなく、
そこでむすめが大声を出して泣き出したのである。

ああ、飽きちゃったんだなぁ…と思い、
一端、出口付近まででて、
むすめをなだめ、ご機嫌になったところで、
もう一度、展示室まで戻った。

でも、やっぱり最後の絵の前までくると、
むすめは大泣きするのである。

3回繰り返したが、同じなので、
おいらは、絵を見るのをあきらめて外へでた。

こんなに惹かれてきたのに、
わざわざ何のためにここまできたのだろう…と
おいらはがっくりと肩を落として会場を後にした。

上野から帰ってきて、
我が家でむすめと遊んでいる今、ふと、
おいらはその時のことが思い出されてきた。

デリヘル業者のホームページで公開されているプロフィール

デリヘル業者のホームページで公開されているプロフィール

★メニュー

デリヘルを利用するならやっぱりホテルがいいね
デリヘルに在籍をしている女の子のブログ
女の子を派遣することの出来ないホテルもあります
デリヘル業者のホームページで公開されているプロフィール
たまには女の子に贈り物をあげてもいいかも
デリヘルの女の子は素人が多くなっています
もしもの為にもゴムの使用を心がけましょう
誕生したてのデリヘルという風俗
顔写真を一般公開することの出来ない女の子
いきなり部屋まで来るのではなく待ち合わせも可能


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)男性の性が目覚めるデリヘル